ブラックジャック攻略 ルールと遊び方入門(無料ブラックジャックゲーム)

ブラックジャック攻略:ルール解説と遊び方

ブラックジャック

ブラックジャックは最も人気のあるゲームです。その理由はカジノゲーム中屈指の「低ハウスエッジ」にあります。そう、ブラックジャックは最も勝ちやすいゲームなのです。

運任せの他のカジノゲームとは違い、ブラックジャックにはスキル(技術)の入り込む余地があります。ブラックジャックは「うまいひと」と「へたなひと」とで大きな差が出やすいゲームなのです。

実際にランドカジノ(リアルカジノ)ではブラックジャックのプロフェッショナルプレイヤーが存在しますし、オンラインカジノにおいてもブラックジャックは最も攻略要素の高いゲームです。

 ブラックジャックとは?

入門

ブラックジャックは、ディーラーとプレイヤーで手持ちのカードの合計が「21」を超えない範囲で「21」に近づけたかを競うゲームです。

一概にブラックジャックといっても、様々なタイプがあり、細かいオプションやルールに違いがあります。ただし、基本的なルールはどのタイプでもほぼ同一で、基本戦略も基礎さえ習得しておけば、細かいオプションの違いにもすぐに対応できるようになります。

 ブラックジャックの魅力

リアルカジノではプロフェッショナルプレイヤーが存在するほどのブラックジャックの魅力はなんといっても他のカジノゲームと比較してダントツに高いペイアウトです。

  •  ペイアウトが高い(ハウスエッジが低い)
  •  勝ち負けの目標が設定しやすい
  •  他のゲームと比べてペイアウトが収束しやすい

ブラックジャックで勝つ最大のコツはルールを把握し、正しい戦略(ストラテジー)を立てることです。ブラックジャックではベーシックストラテジーを使用することで、はじめてその低いハウスエッジを活かすことができます。

ブラックジャックを避けてカジノ攻略を語ることはできません。カジノをやるからには必ずブラックジャックを習得しておきましょう。

 ブラックジャックルール解説

ゲームの流れとして、最初にディラーとプレイヤー各々にカードが2枚配られ、必要に応じてカードを「ヒット(もう一枚)」「スタンド(止め)」、もしくは「ダブル(倍賭けしてもう一枚)」「スプリット(カードを分ける)」を駆使して合計した数をディラーと競い合います。そのとき、合計した数が多い方が勝ちとなり、合計した数が21を超えると自動的に負け(バスト)となります。プレイヤーには様々な選択肢がある一方、ディラーには一切の選択肢はなく、ディラーのカードは一定の法則に則って配られます。

 カードの数え方

 エースのカード

1もしくは11として数える。

エースカード

 2~9のカード

名数字と同じ数(2~9)として数える。

2~9のカード

 10と絵札(J,Q,K)のカード(テンカード)

10として数えます。

テンカード

 ゲームの進行

ブラックジャックのゲームの基本的な流れは以下の通りです。

  1. 1. プレイヤーが賭けたい金額をベット
  2. 2. ディーラープレイヤー共に2枚のカードが配られます。このとき、プレイヤーは2枚ともカードの中身が公開され(オープンカード)、ディーラーは1枚だけオープンされ、もう1枚は裏向きで見えないようになっています。
  3. 3. プレイヤーは自分に配られた2枚のカードの合計した数とディーラーのオープンカードを比較した上で、ヒットやスタンドのアクションを決定します。
  4. 4. 3.のアクションの結果、プレイヤーが21を超えてしまった場合はバストとなり、ディラーのカードに係わらず負けとなります。21を超えなかった場合は5.に進みます。
  5. 5. ディーラーのもう1枚の裏向きのカードがオープンされ、その後、一定の法則に従ってディラーにカードが配られます。

 ディーラーの法則

プレイヤーがヒットやスタンドのアクションを自由に選択できるのに対して、ディーラーは必ず合計した数が17以上になるまでヒットし続けなくてはなりません。つまり、ディーラーは合計が「17~21かバスト」のどちらかになります。

 ブラックジャックのアクションや用語

ヒット
カードをもう一枚引く
スタンド
カードを引くのを止める
ダブルダウン
掛け金を倍増してもう一枚だけヒットする
スプリット
最初に配られた2枚のカードが同じ数字の場合にそれぞれのカードを2つの手に分ける
サレンダー
ディラーのオープンカードに対してプレイヤーのカードが不利と感じた時に「降伏」する。サレンダーを選択すると、その時点でベット金額の半額が返却されます。
インシュアランス
ディーラーのオープンカードがエースの場合に、ベット金額の半分を「保険」として差し出す。ディラーがブラックジャックだった場合はベット金額とインシュアランスの金額の合計が返ってきますが、ブラックジャックでなかった場合は勝敗にかかわらずインシュアランスのチップは没収されます。
ブラックジャック
最初に配られた2枚のカードが「エースとテンカード」の合計21の場合、「ブラックジャック」となり、賭けた金額の1.5倍の配当(2.5倍の払い戻し)となります。

 ブラックジャックのコツ

ブラックジャックにおける最も基本的なコツは「いちばん出やすい数字は10」ということを覚えておくことです。なぜなら、カード種で[10][J][Q][K]の4種を10と数えるのですから、約3枚に1枚は(13分の4)は10が出るということになるからです。

これを覚えておけば、自分のカードの合計が10や11のときやディーラーのオープンカードが6のときがチャンスであり、反対にディーラーのオープンカードが10やAで自分のハンドが6のときが最大のピンチであることが理解できるでしょう。


次に、ゲームの操作方法に慣れたら必ずベーシックストラテジー(最適戦略)に則った最適プレイ方法も身に付けておきましょう。

「戻る」ボタン 「目次へ」ボタン 「次へ」ボタン

\この記事をシェアしてください/

◆当サイト限定ボーナスおすすめTOP3

↓初心者から上級者まで絶対に見ておきたいマル秘情報公開中↓

オンラインカジノとは一体どういったものなのか、実際に遊ぶために必要なことなどの基本的な知識を見につけましょう。大抵の疑問はこちらで解決できるはずです

オンラインカジノの知識を見つけ後は、実際にオンラインカジノをプレイしてみましょう。このコースでは登録から引出しまでの実際の流れを簡単に説明しています

オンラインカジノをもっと楽しみたい方へ、当サイト限定特典を進呈中!無料チップから入金ボーナスまで、自分のプレイスタイルにあった特典を見つけましょう