オンラインカジノを始めるための準備 - オンラインカジノウィナーズクラブ

オンラインカジノを始めるための準備

ここまでは、ちょっと本音を言い過ぎたかな?と思いましたが、ここを見ていただいているということは、あなたは少しはオンラインカジノをやってみようと思っていらっしゃるのでしょうか?

では、そんなあなたのためにオンラインカジノ入門をスムーズに進められるように事前に用意しておいたほうが良いものを紹介していきましょう。

 年齢制限

年齢制限

オンラインカジノはギャンブルですから当然ながら年齢制限があります。

基本的に18歳未満はプレイできません。カジノによっては20歳以上となっている場合もあります。各カジノの規約を確認するようにしましょう。

 軍資金

軍資金

当たり前ですが、オンラインカジノはギャンブルなのですから、勝つ時も負ける時もあります。

「俺は絶対に勝つ!」

「クレジットカードの清算までに勝ち金を換金しておくから軍資金は必要ない!」

というような、実にアバウトで男らしい考えも嫌いではありませんが、やはりそんな考えではダメです。やはり最低限の軍資金ぐらいは用意しておきましょう。

私の経験上、オンラインカジノを始めるためには$1,000(10万円)程度あれば十分だと思います。少なくとも$500程度はほしいものです。

 オンラインカジノは大金が必要なお金持ちのギャンブルか?

大金

オンラインカジノをプレイするのに大金が必要というのは、ある意味では正解ですし、ある意味では「まあ、そんなこともない」といったところです。

大金が必要だというイメージの原因との一つとして、オンラインカジノ特有のベット額にあります。

オンラインカジノのほとんどのゲームにおいてはその賭けに投入する金額はプレイヤーの任意で決めることができます。ラックジャックなどは同じゲームでも最小は数十セントから最大では数万ドルもの大金を一勝負に賭けることができます。日本円にして100万円以上もの大金を一勝負に使うこともできるのです。

人間の感情とは不思議なもので、オンラインカジノを始めた当初は$1程度の賭けでもビクビクしながらプレイしていたのに、ある程度慣れてくると、さらに強い刺激を求めて徐々に賭け金が上がる傾向になることが多いのです。

また、ほとんどのオンラインカジノで使用されている通貨単位がUS$(アメリカドル)や英国ポンドなどの外貨単位だということもあります。1$≒100円程度だとして、一万円の買い物に躊躇する人でもオンラインカジノだと$100を不用意に使い切ってしまうことがあります。金銭感覚が狂いやすいのです。

ボーナスやプロモーションの資格を得るために比較的高額のチップを購入しなくてはならないという場合もありますし、小切手の換金を考えると小額の勝ちは手数料に埋もれてしまうので大勝を狙って賭け金が大きくなりやすいということもあります。

いずれにしても、自分の裁量を理解してあくまでも遊びの範疇で「楽しいギャンブル」を心がけることが大切です。

 クレジットカード

クレジットカード

クレジットカードは最も一般的な購入手段です。

VISA と Master 系統のクレジットカードが主に使用できますが、現在ではダイナーズとJCBもそこそこ使えるようになっています。また、クレジットカードの代わりに銀行系の「デビットカード」やコンビニで買える「プリペイドカード」でも購入できる場合があります。

そして、最も注意してほしいのは発行者側がオンラインカジノに対して使用を制限しているカードが多く存在しており、カードが使えない場合が非常に多いということです。カジノによって使えるカードと使えないカードがあるので複数枚所有しておくと便利です。

クレジットカード

また、裏のサイン欄あたりに印刷されている3桁の暗証番号CVCまたはCVN, CVV2番号がないカードも使用できない場合があります。

カジノでのチップ購入がキャッシング扱いになるカジノもありますので、キャッシング枠がないカードも使用できない場合があります。

 身分証明書

身分証明書

初回の払い戻し時には本人である確認のために身分証明書の提出が必要になる場合があります。また、初回でなくても一定金額以上の払い戻しの際や定期的な口座情報の確認のために提出を求められる場合もあります。

身分証明書の提出はカジノ側から要請が来ますので、FAXかメール添付で送ることになります。

身分を証明できる書面として運転免許証か公共料金の明細書(クレジットカードの請求明細書や水道料金の明細書等)を使用します。どの書面にしても日本語表記の証明書を提出する場合は住所や氏名の上にローマ字で「ただし書き」をしておのがよいでしょう。(日本語サポートのあるカジノなら必要ありません。)

カジノのアカウント登録時に入力した住所や電話番号と、これら身分証明書の内容が違うと払い戻し時にトラブルになる場合がありますので注意してください。

相手が英語サポートの場合、最も通用しやすいのはパスポートです。

パスポートの場合は最初から英語表示になっているのでただし書きの必要もなく、カジノ側も確認が容易になるので審査が通りやすいようです。ただし、パスポートは住所の証明には使えないのでその他に公共料金の明細書を添付しなくてはならない場合もあります。

 スキャナー

スキャナー

身分証明書の提出は主にFAXかメールで画像を添付します。もしも、自宅にFAXがない場合にはスキャナーを購入しておいたほうが便利です。

高価なスキャナーは必要ありません。私の場合1万円程度のスキャナーで十分機能しています。

 インターネットバンキング口座

インターネットバンキング口座

大手銀行のオンラインバンキング、さらに外貨のまま預貯金可能な「外貨口座」有りという銀行口座がもっとも理想的でしょう。以上の用意をしておくと、今後スムーズにオンラインカジノを遊ぶことができるのでなにかと便利です。

\この記事をシェアしてください/

◆当サイト限定ボーナスおすすめTOP3

↓初心者から上級者まで絶対に見ておきたいマル秘情報公開中↓

オンラインカジノとは一体どういったものなのか、実際に遊ぶために必要なことなどの基本的な知識を見につけましょう。大抵の疑問はこちらで解決できるはずです

オンラインカジノの知識を見つけ後は、実際にオンラインカジノをプレイしてみましょう。このコースでは登録から引出しまでの実際の流れを簡単に説明しています

オンラインカジノをもっと楽しみたい方へ、当サイト限定特典を進呈中!無料チップから入金ボーナスまで、自分のプレイスタイルにあった特典を見つけましょう