パーレー法の正しい賭け方|カジノ攻略法

CWC

パーレー法の正しい賭け方|カジノ攻略法

最も有名なオンラインカジノの攻略法・必勝法の一つ、「パーレー法」。防御に特化した必勝法が「マーチンゲール法」であれば、パーレー法は完全なる攻撃特化型で、別名を「アンチマーチンゲール法」と呼ばれるほど対になっているマネーシステムです。

マーチンゲールと同じく非常にシンプルなシステムベットで、「勝った時に賭け金を倍にする」という一点のみのルールとなっています。連続して負けても大きく資金を減らさない反面、お金を増やすためには大きな連勝が必須となります。勝ちを重ねるごとに2倍になる配当、しかし1回でも負けてしまうとその利益を全て失ってしまう… 成功率は低いですが、一攫千金を狙うに相応しい攻略法と言えるでしょう。

また、時間をかけて利益を出すマネーシステムが多い中、短時間で大きな利益を獲得出来る可能性が高く、非常に時間効率が良いことも特徴の一つです。そんな「パーレー法」の使用方法や「勝てるのか?」といった疑問について徹底解説を行います。

マーチンゲール法の賭け方(使い方)とシミュレーション結果

ここではパーレー法の実際の使い方について説明しています。といっても手順や進め方は非常にシンプルで簡単なので、あまり難しく考えず実際にベットするイメージで見ていただければと思います。もし分からなくなったらまたこのページに戻ってベットのやり方をご確認くださいね。
また、付録としてパーレー法を使ったシミュレーションを併せて載せていますので、パーレー法の威力を確かめてみてください!

パーレー法の正しい使い方・手順

最初に、遊ぶカジノゲームを選びます。ルーレットの赤/黒・偶数/奇数・前半/後半、バカラのプレイヤーなど、勝利すると配当収支が2倍になるゲームを選びましょう(ルーレットの「ダズン」「コラム」など、配当が3倍になるものを選んでも構いません)。バカラのバンカーは配当が2倍になりませんし、ブラックジャックは追加のアクションが必要になる場合があり適しません。

ここからパーレー法をスタートさせます。ここではベット額の初回スタートを1ドルに設定していますが、獲得したい利益に応じて初回のスタート金額を変えても良いでしょう(連勝が重なる度に利益が倍々に大きくなるため、最初から大きすぎるベット額にするのはおススメしません)。

  • 1回目のベットを行い、その結果負けた場合はリセットとなり、次のベットも同額(1ドル)をベットします。勝った場合、2回目のベットは賭け金を前回の2倍である2ドルにします(配当が3倍になるものを選んだ方は賭け金も3倍にします。以下の説明も全て「2倍」を「3倍」と読み替えて下さい)。

  • またゲームをプレーした結果、負けてしまった場合はパーレー法失敗となり、最初に戻りベット額をスタートの金額まで引き下げます。勝った場合、さらにベット額を倍(4ドル)にします。

  • そのまま連勝を重ねる度に利益は増えていきますが、マーチンゲール法など、他のマネーシステムとは異なり、パーレー法は明確に「ここまで行けば(何連勝すれば)終わり」という指標はありません。自ら利益を確定させる(利確)タイミングを定める必要があります。

  • 4回連続で勝利すると配当は16ドル、5回連続で32ドル、7回連続で128ドルの配当を獲得できるので、回数で言えば5~7連勝を目指すのが一般的なパーレー法だと言えるでしょう。10連勝であれば1024ドルの配当を獲得できます。確率はだいぶ低くなりますが、挑戦するのも一つの手ですね。

パーレー法の実践例 シミュレーション結果

☆「10回連続成功」で終了するパーレー法を使い、ルーレットで赤にベット(スタート$1)し、3回目・10回目は負け、他は勝利した場合

回数 ベット額 勝敗 獲得額 累計損益 勝敗決定後のアクション
1回目 $1 勝ち +$1 +$1 ベット額を倍にする。$1→$2
2回目 $2 勝ち +$2 +$3 ベット額を倍にする。$2→$4
3回目 $4 負け -$4 -$1 ベット額を戻す→$1
4回目 $1 勝ち +$1 ±$0 ベット額を倍にする。$1→$2
5回目 $2 勝ち +$2 +$2 ベット額を倍にする。$2→$4
6回目 $4 勝ち +$4 +$6 ベット額を倍にする。$4→$8
7回目 $8 勝ち +$8 +$14 ベット額を倍にする。$8→$16
8回目 $16 勝ち +$16 +$30 ベット額を倍にする。$16→$32
9回目 $32 勝ち +$32 +$62 ベット額を倍にする。$32→$64
10回目 $64 負け -$64 -$2 ベット額を戻す→$1

8勝2敗とかなり調子の良い内容でしたが、自分が決めた連勝数に届かなければ全ての利益が相殺され、収支がマイナスになってしまうのがパーレー法の特徴です。

☆「10回連続成功」で終了するパーレー法を使い、バカラでプレイヤーにベット(スタート$1)し、全て勝利した場合

回数 ベット額 勝敗 獲得額 累計損益 勝敗決定後のアクション
1回目 $1 勝ち +$1 +$1 ベット額を倍にする。$1→$2
2回目 $2 勝ち +$2 +$3 ベット額を倍にする。$2→$4
3回目 $4 勝ち +$4 +$7 ベット額を倍にする。$4→$8
4回目 $8 勝ち +$8 +$15 ベット額を倍にする。$8→$16
5回目 $16 勝ち +$16 +$31 ベット額を倍にする。$16→$32
6回目 $32 勝ち +$32 +$63 ベット額を倍にする。$32→$64
7回目 $64 勝ち +$64 +$127 ベット額を倍にする。$64→$128
8回目 $128 勝ち +$128 +$255 ベット額を倍にする。$128→$256
9回目 $256 勝ち +$256 +$511 ベット額を倍にする。$256→$512
10回目 $512 勝ち +$512 +$1023 →10連勝達成、終了

このように、$1スタートなのに10連勝するだけで$1,000を超える利益が出るのがパーレー法のメリットと言えるでしょう。

パーレー法を使うメリットとは

全てのマネーシステムに一長一短があるように、パーレー法にもメリットとデメリットといったものが存在します。勝利の可能性をある程度犠牲にし、勝った時の期待値に特化したこの攻略法は、まさに「究極の攻撃力を持つ」ことがメリットでもありデメリットでもあると言えるでしょう。

その他にもこのシステムベットの長所や気を付けたい所についてまとめたので、ご参考下さいね。なお、これに限らずシステムベットはどの手法でも一長一短あるので、目的に合わせて使い分けるのが勝利への近道と言えます。また、カジノに「必勝法」というものは存在しません。「バカラ投資」などといった詐欺には特にご注意ください。

誰でも理解できるシンプルな賭け方

マーチンゲールと共通のメリットとして、非常にシンプルなルールなので、初心者の方も気軽に楽しめるマネーシステムである、という点がメリットと言えます。勝ったら次は賭け金を倍にしてベットし、負けたらベット額を戻すだけ。その結果大変分かりやすい戦略に仕上がっており、紙やペンを用意して複雑な法則を使ってあれこれ数字を書いて…と計算する攻略法よりも気軽に試すことが出来ます。

また、最近のライブカジノでは前回ベットした賭け金を倍にするボタンなどもあり、ますます手軽にチャレンジすることが出来るようになりました。この「シンプルすぎる」賭け方が、世界のカジノプレイヤーたちを虜にする要因とも言えます。

短時間勝負にもってこい!攻めの攻略法

勝利の可能性をある程度犠牲にし、その分勝利した時の利益に特化したパーレー法。勝利時の金額を全て次のベットに回すという究極に超攻撃的な戦略のため、じっくりと時間をかけて利益を出す他の攻略法に比べ、短時間で爆益を出すことも出来ます。短時間の勝負の際に効果的なシステムベットと言えるでしょう。

また、「攻撃的」なベット方法のためリスクが大きいのでは?と思われがちですが、勝利が続いたあとの1敗も、連続して負けた時の1敗も、失う利益は元のベット額だけとなるので、ある意味ローリスクな方法と考えることもできます。カジノ資金の残高にもよりますが、リスクを抑えつつ大きなリターンも期待できる、一石二鳥のマネーシステムと言っても良いでしょう。

パーレー法にデメリットはあるのか

ちょうどマーチンゲールをひっくり返したような攻略法であるパーレー法。基本的にデメリットもマーチンゲール法の逆…と考えると分かりやすいかもしれません。最大のデメリットは、「勝利の可能性が他のベッティングシステムに比べ低い」ということにあります。しかし、ベット方法によってはある程度デメリットを回避することも出来ます。

一度のミスで勝ち金が水の泡に・・・

「大連敗を喫しても負け分が少ない」「成功した時の配当が非常に大きい」というメリットの裏で、一番のネックになっている部分が「失敗する可能性の高さ」ではないでしょうか。どんなに連勝を重ねても、次の1敗で全ての利益を失ってしまう欠点があります。

特に初心者の方がやりがちな例が、「どのタイミングで止めるべきか分からない」とやめ時を誤って際限なくパーレーを行い失敗するパターンです。必ず自分の中でルールを作り、「ここまで連勝したら止める」という決まりを絶対守るのが重要です。黒が10連続来ようとも、プレイヤーとバンカーが5回連続順番に来ようとも、次に黒が来る確率もプレイヤーが来る確率も同じなのですから。

賭け額に制限(ベットリミット)があり、一定額以上は賭けられない

例えば、1ドルでパーレー法を始めたとして、計算上20連勝すれば100万ドルを優に超えるほどの利益を獲得出来ます。しかし、これは20回目に50万ドル以上のベットを行える場合であって、実際のオンラインカジノではその対策として「テーブルリミット」と呼ばれる賭け額の上限が設定されています。上限は個別のカジノやゲームによって様々ですが、$100~$200ほどに設定されているものも多くあり、すぐにリミットに到達してしまうものも。

例として$100が上限の場合、1回目で$1、2回目で$2…と続けると、7回目で$64。8回目ではその倍を賭けたい…と思っても$128になってしまうのでベット額が適用できず、その時点で終了となります。賭け金の上限はゲーム内に書かれているので、必ず確認の上遊びましょう。なお、むしろテーブルリミットを利用し、パーレー法の損失を抑えるという対策もできます。資金に余裕がない時にパーレー法を使い続けるといつか残高が尽きてしまうので、現実的な場所にリミットを設けて資金を守るのもパーレー法の楽しみ方の一つです。

プラスを目指すには連続勝利が必須になる

マネーシステムは「勝率」と「勝った時の利益」のどちらかに照準を定めているので、勝率を上げることを目指す他のシステムベットは勝ったり負けたり…を繰り返すことでも利益が出ることが多いです。しかし、勝った時の利益を最優先するパーレー法は、「勝ったり負けたり」ではなく、損失の回収のためには必ず連勝が必要です。

1ドルでスタートした場合、4連勝するとプラス16ドル、5連勝で32ドル、7連勝で128ドル…、10連勝で1024ドルを獲得出来ますが、その連勝前に1回でも負けると利益は必ず「マイナス1ドル」になります。勝率50%の場合、10連勝できる確率は0.1%以下。失敗する可能性が非常に高く、成功率が低いベットを行っていることを踏まえてプレーする必要があります。資金に余裕をもって遊ぶことをオススメします!

パーレー法のよくある質問・豆知識

統計学の用語に「ホットサンドの誤謬」というものがあります。ランダムな現象において成功が連続すると、その後の試行でも同じ成功が続くのではないかと考えること、を指します。ルーレットでディーラーが同じ色のポケットに入れ続けたり、バカラで特徴的な罫線が続いたり… 特にテーブルゲームを遊び始めた初期の方に多い勘違いですが、テーブルゲームは1ゲームが独立事象(厳密にはカードを使うものは独立ではありませんが、我々がそれによって次の数字を予測できない以上ほぼ独立とみなして構いません)なので、基本的に過去の事象から次の結果を予想するのは不可能です。「必勝法」は残念ながら存在しないので、「誤謬(間違い)」を起こさないよう、注意して遊んでくださいね。

パーレー法が使えるゲーム機種とは?

パーレー法を使用するためには、「勝った時に必ず一定の倍率が支払われる」ゲームであることが必要です。つまりテーブルゲームの方が使用に適していると言えます。 ルーレットであれば、「ダズン」「カラム」が配当を3倍に、「赤」「黒」、「奇数」「偶数」、「前半」「後半」が配当を2倍にできる賭け方なので、いずれかを使用してパーレー法を実行できます。バカラであれば「プレイヤー」の場合配当が2倍になるので使用しやすいと思います。バンカーにベットすると配当が基本的に1.95倍で計算しにくいので、ノーコミッションバカラを使うのがおススメです。ブラックジャックは賭け金が2倍以上になる場合があり適用が難しいです。その他、シックボーの大小など、当たると配当が2倍か3倍になることが確定しているものを選びましょう。

もちろんライブバカラ・ライブルーレットなどの「ライブカジノ」でも使える手法となっています。テーブルゲームは無料プレイで楽しめるものも多いので、是非当サイト限定の入金不要ボーナスを使ってパーレー法を実践してみて下さいね。

パーレー法のやめどき(リセットタイミング)は?

パーレー法は他の攻略法・必勝法と異なり、自分で「これくらい勝ちたい」という目標、つまりリスクとリターンについて自由に設定できます。これは「利点」でもあり、明確な指標がなく分かりにくい、という欠点でもあるかもしれません。

初回の金額を低く設定する場合、果敢にギャンブルして連勝を狙う方がパーレー法の醍醐味を味わうことが出来るでしょう。1ドルでスタートし、その結果10連勝させれば1024ドルを獲得できます!まさに「カジノドリーム」を掴むチャンスとも言えます。 また、スタート時の金額が高い場合は、そこまで大きな連勝をしなくても多くの利益を得ることができます。同じ1000ドルを獲得するなら、10ドルスタートであれば7連勝、125ドルスタートであれば3連勝で十分です。自分の軍資金と相談して連勝数とスタート金額は決めて下さいね。

連勝が続く限り配当が倍々に積み重なるパーレー法は、必ず「自分との勝負」になります。10連勝するまでヤメないと決めていたのに、7連勝、8連勝と勝利していくにつれ、「もう十分だろ」「次勝てるか分からないし、ここで利益確定させよう」という「理性」が必ず働くはずです。その誘惑に打ち勝って、決めていた数まで連勝結果を打ち立てることができるか。これが「パーレー法」を成功させる重要なカギとなります。もちろん資金に余裕がある場合です、果敢すぎる立ち回りの結果残高をゼロにすることがないようにご注意くださいね。

喧嘩と博打は面(ツラ)を張れ

偉い人も言っています。「喧嘩と博打は面(ツラ)を張れ」喧嘩は面を賭博はツラ(連勝)を狙いなさいという意味です。

その言葉をそのまま地でいくパーレー法はまたの名をアンチマーチンゲール法。要するにマーチンゲール法の逆パターンです。防御など一切考えずに攻撃のみにすべてを投じるその潔さには気高い美しさを感じ得ずにはいられません。

パーレー法とマーチンゲール法を組み合わせた最強の攻略法

こちらで紹介するのは、ジパングカジノが運営しているYouTubeチャンネル『ジパングTV』でパーレー法とマーチンゲール法を組み合わせた「パーレーマーチンゲール」を取り扱った「ジパングカジノ研究所」という動画です。

攻撃に特化した「パーレー法」、防御に特化した「マーチンゲール法」、両者の良いとこ取りをするべく、ベットシステムの改良を行いルーレットに1000回ベットして検証。果たして無事に利益を出すことが出来たのでしょうか?結果は動画で!

プレイヤーの皆さんが新しく効果的なマネーシステムを考える例にも適していますので、とても有効な動画だと思います。また、ジパングカジノでは新規登録で入金不要のボーナスが貰えます!無料プレイでカジノゲームを遊んで、この手法を検証してみてはいかがでしょうか?

blank