PAGE TOP
HOME ダランベール法の正しい賭け方|利益を出す方法、改良案を徹底解説

ダランベール法の正しい賭け方と手順を徹底解説!利益が出る仕組みとは?

blank

このページでは、オンラインカジノのテーブルゲームやライブカジノで使える攻略法「ダランベール法」について解説します。ダランベール法は別名「ピラミッド法」とも呼ばれ、簡単に利用できる、また様々なカジノゲームと相性が良いことから初心者から上級者のプレイヤーまで幅広く使われているべッティングシステムです。

この記事ではダランベール法の実際の使い方やダランベール法を使用したシミュレーション、メリット・デメリット、関連する攻略法など、ダランベール法に関するすべての情報を徹底解説! ダランベール法で儲けるために必要な知識をこのページで確認できます。

この記事のまとめ

大負けしにくい反面、大勝ちすることも難しい

2倍配当のテーブルゲームで使いやすい

blank

この記事はおよそ 8分 で読むことができます。時間がない方は目次を活用しましょう

ダランベール法(ピラミッド法)とはどんな攻略法か?

ダランベール法は別名を「ピラミッド法」といい、18世紀フランスの数学者であるジャン・ダランベールが考案したことからその名が付けられたとされるマネーシステムです。

賭け方は単純で、「勝利した時にベット額を減らし、敗北した時にベット額を増やす」だけ!簡単な手順なので初心者の方でも問題なく使用できます。

また単純な仕組みながら、連敗してもそこまでベット額が大きく増えない、また勝率が低くてもタイミングが良ければプラスになるというメリットがあり、非常に使いやすい攻略法と言えるでしょう。負けた時にベット額が増える「守備型」のシステムベットなので、コツコツと利益を出したい方におすすめです。

ダランベール法のメリット

続いて、ダランベール法のメリットについて解説します。ダランベール法は連勝時の利潤よりも連敗時のリスクに重きを置いた攻略法なので、コツコツ派に嬉しいメリットが揃っているのが特徴です。

少ない資金で実践できる

ダランベール法は自分で「ベット額」も「スタート金額」も調整できるので、自分でリスクを調整できます。例えば「5ドルスタート、増減1ドル」であれば50ドルもあれば十分プレイできますし、「1ドルスタート、残高1ドル」で負けた時にダランベール法をスタートするプレイヤーもいます。

そのため、ダランベール法は少ない資金でも十分に使いこなせる攻略法と言えるでしょう。また、上の改良案で解説した通りスタート額や増減額を変動させることでハイローラーの方でも使いやすいマネーシステムにすることもできます。

大負けする事が少ない

ダランベール法は負けた時にベット額を上げる攻略法ですが、上げる金額が「1ユニット」のみとなっています。増減額を1ドルと設定している場合、5連敗してもベット額は5ドルしか増えません。

他に有名な守備的攻略法として「マーチンゲール法」や「ココモ法」などがありますが、マーチンゲール法が常に負けた時に2倍、ココモ法でも平均1.6倍のベットが必要なところ、1ユニット分で済むのは連敗のリスクが少ないと言えます。

また、スタート金額が大きくても増える量が一定なので、連敗しても大負けは防ぎやすいと言えるでしょう。

ベットリミットに達しにくい

上の項目とも関係しますが、ダランベール法は負けても増える「量」が一定なので、連敗してもそこまでベット額が上がりません。

例えば最も有名な「マーチンゲール法」と、連敗時のベット額を見比べてみましょう。両方とも最初のベット額は10ドルです。

ダランベール…10⇨11⇨12⇨13⇨14⇨15⇨16⇨17⇨18⇨19…

マーチンゲール…10⇨20⇨40⇨80⇨160⇨320⇨640⇨1,280⇨2,560⇨5,120⇨10,240…

マーチンゲール法が10連敗で1万ドルベットを超えてしまいました。これはほとんどのカジノでベットリミットに到達してしまいます。しかしダランベール法は10連敗しても20ドルなので、ベットリミットにはほとんど到達しないと言えます。

ダランベール法のデメリット

続いてダランベール法のデメリットです。守備に重きを置いているダランベール法は、リスクを背負いながら大きな配当を目指す他の攻略法と比べると見劣りする点があります。

大勝しにくい

「ダランベール法は連勝してもその分ベット額が減っていくので、大勝を望めないと言うデメリットがあります。極端な例として、「パーレー法」と比較した時、連勝時に合計で獲得できる利益を見比べてみましょう。両方とも最初のベット額は10ドルです。

ダランベール…10⇨19⇨27⇨34⇨40⇨45⇨49⇨52⇨54⇨55

マーチンゲール…10⇨20⇨40⇨80⇨160⇨320⇨640⇨1,280⇨2,560⇨5,120

このように、ダランベールは連勝時の配当が小さく、大勝は難しいと考えた方が良いでしょう。

利益を得るのに時間がかかる

また、例えば1勝さえすれば利益の出るマーチンゲール・ココモ法などとは異なり、ダランベール法は「勝率50%をキープすれば少しずつプラスになる」マネーシステムです。そのため、利益を得るのにある程度時間がかかります。

勿論勝率が50%を上回れば時間効率も上がりますが、上記の通り連勝しても利益が大きく伸びる訳ではないので、うまく利確を利用して利益を重ねていくのがダランベール法を効率的に利用するポイントです。

連敗したら取り返すのが大変

勝率が低くてもある程度プラスになるモンテカルロ法やマーチンゲール法などと異なり、ダランベール法は1回の勝利で1回の負けをカバーする攻略法です。そのため、連敗するとその連敗分勝利する必要があります。

勿論勝敗をイーブンに戻せばその分プラスになるシステムではあるのですが、あまりにもベット額が上がってしまうとそれ以上の連敗で資金が底を突いてしまうといった可能性もあるので、損切りも考えながらプレイすることをおすすめします。

ダランベール法と相性の良いカジノゲーム

ダランベール法と相性の良いカジノゲーム

ダランベール法は当たると配当が2倍になるゲームで使われることを想定しています。そのため、ほとんどのテーブルゲームと相性が良いです。例えば…

  • ヨーロピアンルーレットの赤/黒、奇数/偶数
  • バカラのプレイヤー
  • ドラゴンタイガー
  • シックボーの大小
  • ブラックジャック

ルーレットに関してはフレンチルーレットも勿論利用できますが、「0」に入って半分だけ配当が返ってきた場合も「負け」とカウントしましょう。また、バカラでバンカーにベットしたい場合は配当が1.95倍になるので、ノーコミッションバカラを利用するのがおすすめです。

ブラックジャックに関しては、ダブルダウンやスプリットなど追加ベットが求められることがあります。その場合、元のベット額と比較して2倍分勝ったら「2連勝」としてカウントするなどの工夫が必要です。

ダランベール法の使い方(賭け方)

続いて、ダランベール法(ピラミッド法)の賭け方について詳しく解説します。ベット方法の難易度はマネーシステムの中では簡単な方なので、初心者の方も簡単に使える攻略法と言えるでしょう。

「1ユニット」と「最初のユニット数」

まず、「1ユニット」と「最初のユニット数」を決めます。1ユニット数が小さいほどローリスクになりやすく、最初のユニット数が大きいほど勝利時の配当が大きくなります。最初のユニット数に関しては、持っている資金の10%以下であることが望ましいです。今回は「1ユニット=1ドル、最初のユニット=10ユニット(10ドル)」として説明します。

1ユニット=1ドルの場合
  1. ダランベール法と相性の良いカジノゲームを参考に、好きなゲームに10ドルをベットします。
  2. 勝利した場合、1ユニット分の金額を減らして次の勝負を行います。10ドル賭けて勝った場合は9ドルになります。
  3. 敗北した場合、1ユニット分の金額を増やして次の勝負を行います。10ドル賭けて勝った場合は11ドルになります。

ダランベール法のやめ時

ダランベール法は明確なやめ時が決まっている賭け方ではありませんが、例としていくつかご紹介します。

  • これ以上1ユニット分の金額が減らせなくなった場合
    (上の説明では「1ドル」で勝利した場合)、1ユニットのまま続けてもOKです。
  • 1ユニット分の金額が減らせなくなった場合
    ダランベール法を成功とし次のセットに移ってもOKです。
  • 最初のベット額から半分以上金額が減った場合
    (上の説明では「5ドル」で勝利した場合)、利確して次のセットに移るのがおすすめです。
  • 最初のベット額から2倍以上の金額になった場合
    (上の説明では「20ドル」で負けた場合)、損切りして次のセットに移るのが良いでしょう。

勿論これは「1ユニット=1ドル、最初のユニット=10ユニット」の場合です。損切り・利確ラインについてはプレイヤーさんが自由に決めることができます。

ダランベール法で利益を出すためのシミュレーション

続いて、ダランベール法のシミュレーションを解説します。ルーレットの「黒」にダランベール法でベットし続け、すべて「5勝5敗」だった場合の3パターンを考えます。すべて1ユニット=1ドル、スタート=10ドルのシミュレーションです。

勝ち負けが交互の場合

回数 ベット額 勝敗 損益 累計損益 勝敗決定後のアクション
1回目 $10 勝ち +$10 +$10 勝ったのでベット額を$1減らす。$10→$9
2回目 $9 負け -$9 +$1 負けたのでベット額を$1増やす。$9→$10
3回目 $10 勝ち +$10 +$11 勝ったのでベット額を$1減らす。$10→$9
4回目 $9 負け -$9 +$2 負けたのでベット額を$1増やす。$9→$10
5回目 $10 勝ち +$10 +$12 勝ったのでベット額を$1減らす。$10→$9
6回目 $9 負け -$9 +$3 負けたのでベット額を$1増やす。$9→$10
7回目 $10 勝ち +$10 +$13 勝ったのでベット額を$1減らす。$10→$9
8回目 $9 負け -$9 +$4 負けたのでベット額を$1増やす。$9→$10
9回目 $10 勝ち +$10 +$14 勝ったのでベット額を$1減らす。$10→$9
10回目 $9 負け -$9 +$5 負けたのでベット額を$1増やす。$9→$10

フラットベットだとプラマイゼロのところ、5ドルの利益を出すことができました。

勝ち負けがランダム(5勝5敗)の場合

回数 ベット額 勝敗 損益 累計損益 勝敗決定後のアクション
1回目 $10 勝ち +$10 +$10 勝ったのでベット額を$1減らす。$10→$9
2回目 $9 負け -$9 +$1 負けたのでベット額を$1増やす。$9→$10
3回目 $10 負け -$10 -$9 負けたのでベット額を$1増やす。$10→$11
4回目 $11 勝ち +$11 +$2 勝ったのでベット額を$1減らす。$11→$10
5回目 $10 勝ち +$10 +$12 勝ったのでベット額を$1減らす。$10→$9
6回目 $9 負け -$9 +$3 負けたのでベット額を$1増やす。$9→$10
7回目 $10 負け -$10 -$7 負けたのでベット額を$1増やす。$10→$11
8回目 $11 負け -$11 -$18 負けたのでベット額を$1増やす。$11→$12
9回目 $12 勝ち +$12 -$6 勝ったのでベット額を$1減らす。$12→$11
10回目 $11 勝ち +$11 +$5 勝ったのでベット額を$1減らす。$11→$10

ベット額が9ドル〜12ドルと動きましたが、5勝5敗で5ドルの利益が出たことは変わりませんでした。連勝・連敗が均一でもバラバラでも勝敗数が同じなら利益は変わらないようです。

5連敗の後に5連勝した場合

回数 ベット額 勝敗 損益 累計損益 勝敗決定後のアクション
1回目 $10 負け -$10 -$10 負けたのでベット額を$1増やす。$10→$11
2回目 $11 負け -$11 -$21 負けたのでベット額を$1増やす。$11→$12
3回目 $12 負け -$12 -$33 負けたのでベット額を$1増やす。$12→$13
4回目 $13 負け -$13 -$46 負けたのでベット額を$1増やす。$13→$14
5回目 $14 負け -$14 -$60 負けたのでベット額を$1増やす。$14→$15
6回目 $15 勝ち +$15 -$45 勝ったのでベット額を$1減らす。$15→$14
7回目 $14 勝ち +$14 -$31 勝ったのでベット額を$1減らす。$14→$13
8回目 $13 勝ち +$13 -$18 勝ったのでベット額を$1減らす。$13→$12
9回目 $12 勝ち +$12 -$6 勝ったのでベット額を$1減らす。$12→$11
10回目 $11 勝ち +$11 +$5 勝ったのでベット額を$1減らす。$11→$10

5連敗後5連勝した場合、損失が最大60ドルまで増えましたが、10回目の勝利では利益が5ドル出ました。

なぜ、5勝5敗の場合+5ドルになるのかを解説します。まず、1勝1敗となった場合の損益を考えてみましょう。

1回目:ベット額10ドルで勝利…+10ドル

2回目:ベット額9ドルで敗北…-9ドル

合計:+1ドル

これは1回目と2回目を逆にしても成り立ちます。

勝利後1ドルベット額が下がるので、負けた時に1ドル分の利益が残ります。そのため「1勝1敗」あたり1ドルの利益が出るので、5勝5敗だと5ドル獲得できる、という仕組みになります。つまり、「勝率五分五分なら確実に利益が出る」ので、勝率約50%・配当2倍のゲームには有用と言えるでしょう。

特殊パターン:11勝12敗の負け越しの場合

負け越しているのに利益が出ているという不思議なパターンがあるのでご紹介します。

10ドルがベースで1ドル増減の場合、勝率が完全に50%だとすると11勝12敗になった時点で負け越しているのに1ドルの利益が出ていることになります。

ダランベール法の原則に照らし合わせれば当たり前の事ですが、論理的に2回のベットで1ドルの利益が得られるので、24回ベットすれば12ドルの利益が得られることになります。そのため、直前の23回目に負けて11勝12敗になっていれば次の24回目で11ドルをベットして勝って12ドルの利益になる状態、すなわち23回目は1ドルの利益を得ている状態になります。

回数 賭け額 勝敗 累計損益 回数 賭け額 勝敗 累計損益
1回目 $10 負け -$10 13回目 $22 勝ち -$164
2回目 $11 負け -$21 14回目 $21 勝ち -$143
3回目 $12 負け -$33 15回目 $20 勝ち -$123
4回目 $13 負け -$46 16回目 $19 勝ち -$104
5回目 $14 負け -$60 17回目 $18 勝ち -$86
6回目 $15 負け -$75 18回目 $17 勝ち -$69
7回目 $16 負け -$91 19回目 $16 勝ち -$53
8回目 $17 負け -$108 20回目 $15 勝ち -$38
9回目 $18 負け -$126 21回目 $14 勝ち -$24
10回目 $19 負け -$145 22回目 $13 勝ち -$11
11回目 $20 負け -$165 23回目 $12 勝ち +$1
12回目 $21 負け -$186 24回目 $11 勝ち +$12

これは、あくまでも理論通りに勝率50%になった場合なので、参考程度とお考え下さい。

バカラ1,000ゲーム分の検証結果

ジパングカジノTVでは、オンラインカジノのバカラを利用してダランベール法が本当に使える攻略法化を検証しています。施行回数は驚異の1,000回ゲーム!実際の推移も分かりやすく解説されていますので、実践する前に視聴することをオススメします。

ダランベール法の損切りラインの目安

ダランベール法はメリットで解説した通り、大きな連敗を重ねても1回あたりのベット額はそれほど上がりません。しかし、そのセットで利益を出すためにはほとんど同じ数の連勝を重ねて勝率を5割に戻す必要があります。なので、ある程度ベット額が増えた場合、「損切り」をしてゲームをリセットすると良いでしょう。

当サイトがおすすめする損切りの目安は(勝利回数)-(敗北回数)が「6」以上になった時です。その時は、ベースの1/10を増減額にしていた場合でもベット額は当初の1.5倍になっているので、取り戻すのも困難になります。一旦リセットして次のセットに臨みましょう。

ダランベール法の改良案

次にダランベール法の改良案について解説します。ダランベール法はかなり完成された攻略法であるためアレンジ案が多くあるわけではないのですが、「開始時のベット額を増やす」「増減額を増やす」とどうなるのか? といった疑問についても説明します。

ベット額が0になったら最初に戻す

ダランベール法は明確なやめ時が存在しません。例えば5ドルスタートで連勝するごとに1ドルずつベット額を減らしていくと、5回目で1ドルに到達し、そこから連勝しても1ドルからは変わらないので利益が出にくい…という問題点があります。

上の手順解説でも少し説明していますが、1ユニットの勝負で勝った場合、ダランベール法を「成功」とみなして次のセットに移動するのも一つの手と言えます。これを「改良ダランベール法」と言います。改良ダランベール法は連勝時に利益が出にくくなるダランベール法の構造上の問題を取り除いており、その後の連敗時のリスクはあるもののプラスが大きくなりやすい攻略法となっています。

回数 勝敗 賭け額 改良後
掛け額
利益 改良後
利益
1回目 勝ち $5 +$5
2回目 勝ち $4 +$9
3回目 勝ち $3 +$12
4回目 勝ち $2 +$14
5回目 勝ち $1 +$15
6回目 勝ち $1 $5 +$16 +$20
7回目 勝ち $1 $4 +$17 +$24
8回目 勝ち $1 $3 +$18 +$27
9回目 勝ち $1 $2 +$19 +$29
10回目 勝ち $1 $1 +$20 +$30

開始時のベット額を増やした場合

ダランベール法は、開始時のベット額、賭け金の増減額を変えることができます。それでは、賭け金の増減額は1ドルで固定し、開始時のベット額だけ変更させた場合、どのような利益・損失が発生するのでしょうか?

例えばヨーロピアンルーレットで100回黒に賭けた時、(黒):(0+赤)の出る確率はおおよそ49回:51回となります。それではこの計算を踏まえて「49勝51敗」だった場合のダランベール法の想定利益を「スタート=10ドル」「スタート=20ドル」の2パターンで考えてみましょう。

まず上のシミュレーションでは「1勝1敗=+1ドル」なので、どちらも49勝49敗=49ドルの利益です。

「スタート=10ドル」の場合

負け越した2回分の損失が$10+$11=$21なので、49ドルから差し引くと「28ドル」の利益となります。

「スタート=20ドル」の場合

負け越した2回分の損失が$20+$21=$41なので、49ドルから差し引くと「8ドル」の利益となります。

勿論勝ち越した場合はスタート時の金額が高い方が利益が出やすいのですが、単純に開始時のベット額を増やしても利潤が増えるわけではないことに注意が必要です。

増減額を増やした場合

それでは、元手を200ドル、スタートは20ドルで固定するという条件のもと、増減額が変動した場合はどのようになるでしょうか?

同じく49勝51敗の場合、増減額が±1ドルの場合8ドルの利益、±2ドルの場合56ドルの利益、±3ドルの場合104ドルの利益を獲得できます。一見すると増減額が大きいほど配当を獲得しやすいと考えられますが、その分リスクも負うことになります。

増減額が±1ドルの場合

元手20ドルだと連敗するごとに21⇨22⇨23…とベット額が増えていきます。この時、8連敗を喫すると188ドルのマイナスとなり、残高が12ドルとなるため続行不可能となります。

増減額が±2ドルの場合

連敗するごとに22⇨24⇨26…とベット額が増えていきます。この時、7連敗で182ドルのマイナスとなり、残高が18ドルとなるため続行不可能となります。

増減額が±3ドルの場合

連敗するごとに23⇨26⇨29…とベット額が増えていきます。この時、6連敗で165ドルのマイナスとなり、残高が35ドルとなるため続行不可能となります。

このため、バランスで言えばベースの1割程度を増減額にする方がバランスの取れた配分と言えるでしょう。

連敗数 $1増額 $2増額 $3増額
1敗 $20 $20 $20
2連敗 $41 $42 $43
3連敗 $63 $66 $69
4連敗 $86 $92 $98
5連敗 $110 $120 $130
6連敗 $135 $150 $165
7連敗 $161 $182 $203
8連敗 $188 $216 $244
9連敗 $216 $252 $288

関連する攻略法

オスカーズグラインド法

オスカーズグラインド法は、ダランベール法をアレンジして作られた攻略法です。負けた時はベット額を変化させず、勝った時にベット額を1ユニット分ずつ上げていきます。そして最終的に+1ユニットでも利益が出れば成功となります。勝った時にベット額が上がるので連勝時に利益が出やすいメリットがあるものの、長期戦になるとベット額が高額になり大きな損失を出す可能性が高いというデメリットがあります。

10%法

10%法(テンパーセント法)は、その名の通り資金の10%をベットしていく、と言うだけの攻略法です。そのため、勝った時にベット額が少しずつ上がり、負けた時に下がっていきます。連勝時に利益が上乗せされ連敗時に損失が抑えられる「ローリスクハイリターン」の手法であるというメリットがあるものの、連敗時に取り戻すまでに時間がかかるというデメリットがあります。

ダランベール法まとめ

ダランベール法(ピラミッド法)は、ルーレットやバカラなどのテーブルゲーム・ライブカジノで利用できるマネーシステムで、勝利した時にベット額を減らし、負けた時にベット額を増やすことによって、勝率が50%でも少しずつ利益が出せることができる攻略法です。

また「最初のベット額」と「勝ち負けの増減額」を自分で変動させられることから、ハイローラーの方もご利用になれますし、また自分自身で「ローリスクローリターン」「ハイリスクハイリターン」を選択できるというメリットもあります。大勝はしにくく利益が出るのにある程度の時間がかかることから、コツコツと稼ぎたい方におすすめの攻略法です。