オンラインカジノとは?初心者でも稼げる仕組みを解説

CWC

オンラインカジノとは?

 ネットを使ってギャンブルができる

オンラインカジノイメージ

オンラインカジノ(ネットカジノ)とは、インターネットを利用して遊べるカジノのことで、パソコンやスマートフォンといった身近な機器を使って、店舗にいくことなく、いつでも・どこからでも本場のランドカジノのようなリアルなギャンブルを楽しむことができます。もちろんギャンブルですから、勝った分は払い戻して現金化することもできますし、負けた分は自己責任ということで返ってくることはありません。

日本では中々聞く機会が少ないギャンブルではありますが、海外ではテレビCMで取り扱われるほどポピュラーなギャンブルで、プレイ人口は4000万人以上を超えているとも言われています。ターミネーターやゲーム・オブ・スローンズといった有名版権とのタイアップゲームも多く導入されており、ギャンブルをやらない人でも「パチンコ」や「スロット」と同じレベルで認知されている身近なものとなっています。

インターネットでギャンブルと聞くと、「怪しい」「インチキ」「イカサマ」といったネガティブなイメージが先行しがちですが、実際のオンラインカジノは政府の発行した正式なライセンス(オンラインカジノとしての運営基準を満たしているかの証明書)を取得した上で運営されており、大手会計事務所などの第三者機関の調査・公表を行い、公正さを全面に打ち出したクリーンなギャンブルとして認知されつつあります。もちろん、すべてのオンラインカジノがこれに当てはまるとは言い切ることは難しいですが、よほど無名のマイナーカジノを選択しない限りは安心してプレイしても良いと言えるでしょう。

オンラインカジノで遊べるゲームは多種多様で、スロット・バカラ・ブラックジャック・ルーレットといったメジャーなものから、シックボーやドリームキャッチャーといった聞き慣れないゲームも取り揃えられています。また、本場のランドカジノさながらのライブゲームも提供されており、リアルタイムでゲームの進行を見ながら賭け事をすることも可能です。

どのゲームもパソコンやスマートフォンで遊びやすいようにカスタムされており、そのクオリティも年々上がってきています。もちろん日本語化も進んでいますから、言葉の壁にぶつかることもなく、スムーズにゲームをプレイすることができるでしょう。

さらに、初めてオンラインカジノをプレイする方のために「ボーナス」が用意されているカジノも多くあります。場合によっては0円からでもカジノをスタートできることから、以前と比べると格段にカジノを遊戯するためのハードルは下がっています。

 オンラインカジノは違法じゃないの?捕まらない?

オンラインカジノは限りなくホワイト!今のところは心配なし!

「オンラインカジノは違法ではないのか。捕まる心配はないのか」

この点について知りたいと思うのは不思議なことではありません。その疑念が払拭されなければ中々手が出しづらいことは当たり前。まずはその点について、過去の事例を参考にしながら説明をしていきます。

まず大前提として、大手のオンラインカジノはギャンブルが合法な政府や自治領からの運営許可(ライセンス)を受けて、厳しい基準をクリアした上で運営が行われています。もちろん実際に運営が行われいるのも合法国ですから、オンラインカジノの運営会社には違法性はありません。

ここで問題になるのが「日本在中の日本人がインターネットを利用して、海外で運営されているオンラインカジノで遊ぶことが賭博罪として問われるか」という点です。これについては2016年に日本のオンラインカジノ市場を揺るがす大きな事件があり、その中で逮捕者(略式起訴)がでたこともまた事実です。これだけを見れば「オンラインカジノは危険だ!」と思われても仕方ありませんが、少し待ってください。この事件には続きがあります。実はオンラインカジノのプレイ=違法ということを認めず、裁判で徹底的に争う姿勢を見せたプレイヤーがおり、結果として不起訴(無実)を勝ち取っています。

詳細についてはオンラインカジノは違法か合法か?の詳細ページを見てもらえれば、この事件の経緯について深く知ることができますが、ざっくりと言ってしまえば「オンラインカジノをプレイしたからといって、プレイヤーの逮捕や摘発はほぼ無い」ということです。

法整備が追いついていない今の法律で、わざわざ一度「不起訴」になった事件を検察がつっつくような真似はしたがらないでしょうし、そもそも類の事案があった場合、この「不起訴」という検察の判断を覆すようなことは、まず無いと思われれます。

以上のことから、オンラインカジノは限りなくホワイトに近いグレーゾーンのギャンブルで、よほどのことが無い限りはプレイすることに何ら問題はないという結論に至りました。これは私見になりますので、まだ心配が残っている方は次項の「オンラインカジノ運営側の見解」に目を通していただければ、その心配も解消されるのではないでしょうか。

岸田総理は「オンラインカジノは違法」と言っていたけど本当に大丈夫?

2022年6月の岸田総理の国会答弁の中で「オンラインカジノは違法であり~中略~厳正な取り締まりを行わなければならないと思う」といった発言がありました。これは次項に記載している「4630万円の給付金誤送金事件」から波及したものになりますが、具体的に「何をどうするのか」は一切示しておらず、仮に本当に取り締まりを行うのであれば「法の整備」が必要になります。

実態調査から法の改正までには一定の時間を要し、さらには法が改正されたとしても不遡及の原則(憲法39条)があるため、今カジノをプレイしているからといってそれを遡って罰することは難しいと言えるでしょう。

何かあっても徹底抗戦!オンラインカジノ運営側の見解

日本人向けのオンラインカジノとして高い知名度を誇るジパングカジノでは事件の煽りをうけて、プレイヤーに向けて以下のような内容のメールを送っています。簡単に言えば「逮捕には正当性がない!ジパングカジノのプレイヤーに不利益が発生したら徹底的に戦う!!」といった趣旨になっています。

(中略)

この一連の件に総じて言えることでは有りますが、報道の文章から見る限り、現在日本の刑法で制定されている賭博法の解釈に当てはめる事は難しく、罪刑法定主義として禁じられている、類推解釈、拡大解釈の可能性があるかと考えております。

報道で出ているカジノが私どものブランドではない弊社として、今回行動を起こすことはできませんが、今後、弊社ブランドでの遊戯にて登録者が逮捕され、それが弊社ブランドと共に公表されることがあれば、貿易上の不公平を訴え、弊社保有ライセンス国を通じWTO(国際貿易機関)に問題提起することを考慮し、また名誉毀損にて当該国裁判所に向けて提訴する事も吝かではありません。

4630万円の誤送金事件との関係性は?

2022年4月、新型コロナに関連して支給される給付金10万円が誤って4630万円送金され、そのお金をオンラインカジノで利用した男が逮捕されました。これで「オンラインカジノで遊ぶと捕まるのか?」と考えた方も多いと思いますが、実際には男が逮捕されたのは「賭博罪」ではなく、虚偽の情報で不正に利益を得ようとした際に適用される「電子計算機使用詐欺罪」にあたります。

つまり、この事件では賭博罪が適用されることは(現状では)ない、ということになります。あくまで4630万円の使い道がネットカジノであっただけで、例えばネット競馬で4630万円を賭けても、Amazonギフト券を4630万円分購入しても違法です。

4630万円誤送金事件の内容については、特設ページにて解説していますので、詳しい事件経緯やネットカジノとの関係性などを知りたいという方は是非ご覧ください。

オンラインカジノで遊ぶ時の注意点!最低3点は守りましょう

ここまで読んでオンラインカジノの不安を払拭できたあなたに、さらに自分の身を守るための注意点をお伝えします。最低限これさえ守っておけば、いらぬ火の粉が飛びかかってくることはないでしょう。

◉ 日本人限定のテーブルゲームがあるような、警察に狙われやすいカジノでは遊ばない

◉ チャットに本人特定されるような情報は書かない。そもそもチャットをやらない

◉ SNS上にプレイ内容を公開しない

 日本語対応も進んでいます

カジノのサポート

かつては英語が必須だったオンラインカジノも最近では多くのオンラインカジノが日本語サービスを導入しており飛躍的に遊びやすくなっています。日本語表示のカジノも多く見られるようになり、親切丁寧な日本人サポートスタッフの導入も進んでいます。

問い合わせ方法はカジノによって異なりますが、メールサポート・ライブチャットが主流になっています。その他、スカイプ・Line・Twitter・電話といった方法を導入しているカジノもあり、何かあればすぐに解決できることでしょう。

 いつでも好きなときにギャンブルができる

いつでも好きなときにギャンブルができる

オンラインカジノは24時間いつでも遊ぶことができます。遅くまで仕事のあるサラリーマンでも、日中は家事で忙しい主婦の方でも、PCとインターネットさえあればいつでも好きな時にプレイすることができるのです。

パチンコのように周囲のタバコの煙を気にする必要もありません。「立ち見」をしながら空き台を待つ必要なんてありません。身なりや格好だって自由です。自宅でのんびり自分のスタイルでプレイすることができるのです。

 豊富なゲーム数 近年はゲーム性の向上も

オンラインカジノイメージ

オンラインカジノで遊べるゲームは非常に多く、カジノによっては300以上ものゲームが用意されているところもあります。

日本人にとって親しみやすいスロットやビデオポーカー、ちょっと通な人なら知っているブラックジャックやルーレット、裏カジノ経験者には有名な(!?)バカラなどの実際のカジノゲームはもちろん、オンラインカジノ特有のゲームも多く揃っています。

また、実際のカジノや日本のパチンコ・パチスロと比較して弱いとされていたゲーム性も最近ではグラフィックやサウンド、演出面の向上、人気キャラクタとのタイアップゲームの登場もあり、飛躍的に向上しています。パチンコ・パチスロと同じレベルのゲームが自宅で遊べる日も、もうそこまで来ている感じです。

 高いペイアウト

オンラインカジノは高いペイアウト

ペイアウトというのは払い戻し率のことです。

日本の国営ギャンブルである競馬競輪等は75%程度、宝くじは50%程度、パチンコ・パチスロは80~90%程度と言われています。

オンラインカジノにおいてはカジノごとの差はあるものの、優良なカジノだと97%程度、その他のカジノでも90%を割り込むことはほとんどありません。

これはオンラインカジノを運営するのに、そのビジネスの規模に対して必要となる設備費や人件費が他のギャンブルと比較して圧倒的に少なくすむという背景があるからです。

つまり、同じ金額を賭けるならば、オンラインカジノは他のギャンブルに比べて断然に有利だといえます。

 ボーナス

ボーナスイメージ

オンラインカジノの特徴としてボーナスがあります。ボーナスとはサービスチップのことです。

通常、パチンコやパチスロなどのギャンブルでは等価交換であっても1000円で購入した玉やコインはあくまでも1000円分の価値しかありません。多くのギャンブルでこれはごく当たり前のことです。

しかし、オンラインカジノでは購入価格よりも多くのチップがもらえる場合があります。100ドルで購入したチップに100ドルのボーナスで200ドルで ゲームをスタート、ということがあるのです。もちろん、大抵の場合はボーナスをもらうことによって普通にプレイするよりも勝ち易くなります。

また、オンラインカジノにはお試しでプレイができる無料ボーナスが用意されているカジノもあります。この無料ボーナスはカジノに登録するだけで獲得することができます。

うまくいけば勝ち金を現金として引き出すこともできるので、絶対にもらった方が良いでしょう。