CWC
blank

少なくても勝ちは勝ち! 憎きアイツを倒せば楽勝の展開ナリ

コメント(1)

ギャンボラへやって来たペンギンは、積年の恨みを晴らすためにジャム瓶と戦います。

今回遊ぶカジノはこちら!

ギャンボラ

ギャンボラ

gambola.com/ja-jp

限定$30無料チッププレゼント中!

どもー。

少し前の日記で

プラグママシンでカンストでも狙ってみようかな?

こんなビッグマウスを叩き出しちゃっている往生ペンギンでーっす。

で、口にした手前、全くやらないわけにはいかないんだけど、配当カンストなんて常識的に考えてもそう簡単には達成できるような代物ではないから、普段からもちょくちょくやっておいた方が良いなぁ…って感じで、日記用の日以外でも積極的に回していたら負債がとんでもないことになったので急遽中止ッス(激怒)!!

この怒りを、悲しみを、苦しみを何にぶつければいいのか!?

そりゃあ決まってんでしょ。

ボクに怒りと悲しみと苦しみをずっと与え続けてきた

Jammin' Jars

コイツ(Jammin’ Jars)にぶつけるしか無いッッッ!!

しばらくやすんではいたけども…そろそろ何かが溜まってきた今がチャンスと見て、 積年の恨みを晴らすのだ。

ジャム瓶マンと殴り合っているペンギン

なお、決戦の場はギャンボラ

言わずと知れたインスタントキャッシュバック(ギャンボラポイント)が強力なギャンボラでございますのよ、奥様。

オーホホホホ!

残高$106.83の$0.40ベット

半端な額だけど、残高$106.83の$0.40ベットでやっていくよ。

そして、これを使い切る前に今度こそオマエを超えたい、ラブミーテンダー。

もう「ジャム瓶コノヤロー!!」と言いたくない。

これまでのツケと慰謝料込みで……そうだな、

$20000を叩き出すことを目標とするぞ。

ジャム瓶2つがダンス開始

開始早々ジャム瓶2つがツカツカポンポン♪なダンスを開始。

ダメな時はこれすら全く起きないから、今日はチャンスである(ペンギン式好不調判別法)。

繋がる

このツカツカポンポン♪が結構繋がって…

フルーティー勝利で$15.26

38倍ちょっと。

まずは幸先良しと言っていいよね?

ギリギリのところで二瓶合体

そして、特に何でもない展開が、ギリギリのところで二瓶合体するプチ奇蹟が発生し、事情は一気にグレードアップ。

高額絵柄のいちごがフュージョン

しかも、高額絵柄のいちごがフュージョンッスわ。

フルーティー勝利で$10.90

スマッシュ配当を決める。

この流れ…近いうちに三神ならぬ三瓶降臨もあるのでは!?

三瓶降臨

と思ったらマジでキタ――(゚∀゚)――!!

…んだけど、ジャム瓶三兄弟は千の風によって散り散りスタート。

これは99.99%不発パターンである。

つまり、同じようなところをチクタクバンバンして終了ってこと。

ボクは詳しいんだ。

詳しいんだって!!

4男が落ちてきた

賑やかしという名の嫌がらせの4男がラストスピンでポチョムと落ちてきたけど、うんうん、その位置じゃあ何も起きないねー。

奇蹟を起こせやしないアルね~。

ナメてんのか、テメェ!!!

安定の1.99倍

安定の1.99倍!!

いや~、落ち着くね、この定位置!

さすがに酷すぎない?

そう思うじゃろ?ジャム瓶では、これが日常茶飯事。最近はめっきり人気が無くなったのは、ジャム瓶自体が修羅過ぎるのが原因なんだよ…。ただ、ジャム瓶の名誉のために言っておくと、爆発力は本気で折り紙付きッス。それは間違いないのでこういう鬼不発もしょうがないのよね。

$3も浮いている

そんなこんなで、およそ$3も浮いているので100スピンで撤収だい!

相性激悪のジャム瓶で見事勝負を制したワケだけど、プレイ日記としてはさすがにボリュームが足りないということで、次に行くよ。

BONANZA

続いてはBONANZA

MEGAWAYSマシンとして間違いなく上位に入るくらい好きなのだ。

ジャム瓶同様$0.40ベット

ジャム瓶同様$0.40ベットで。

意外と…まぁ、今となってはの話だけど、波は比較的穏やかなので、これでも見せ場の一つくらいはできると思うッス。

100スピンで何も起きず

などと余裕かましていたら100スピンで何も起きず。

しかし、残高はほぼ減っていないのよ。

って、残高はどこへ行った?

あ、画面の下にあるのか。

画像の切り方を間違えました、ゴメンなさい。

許して~。

ボーナスを確保

そして、次の100スピンがちょうど終わるというところでDGOL…

もといGOLDが出てボーナスを確保!!

ペンギン警察官

ボーナス中は12スピンスタート(もっと多い場合もある)で開始時のスピン数を増やすギャンブルとかないんだね~、忘れていたよ。

いや、ハイボラの波に毒されていたよ、平和で良いわ~。

ただ、大きく跳ねさせるには、序盤は細かくていいから配当を連鎖させて、その都度増えていくマルチプライヤー数を大きくさせる必要あり。

そのマルチプライヤーがたっぷり肥えさせたところで、巨大MEGAWAYS配当でボカンですよ!

これがBONANZA優勝の王道パターン。

やってやるっきゃナイト。

青宝石の6リールが成立

爆発パターンとなり得るか、その基準となっている「半分を消化するまでにマルチプライヤーが充分育っているか」には到底届かず、特に見せ場もないままガックリしていたところ、WAY数は少ないけど青宝石の6リールが成立。

やったぜ父ちゃん!

これだけで100倍近い配当だよ~ん♪

ラストシーンでドンギャラス

さらにラストシーンでドンギャラス♪

MEGAWIN$80.18

うひょおおおおおおおおおお!

気持ちいいいいいいいいいいい!

って、冷静に見れば200倍少々という意外にブッ飛ばないものであったけども、何かね、これだけでも吹き抜けるような爽快感があるんだよね、BONANZAには。

そして、これで残高が$200になってくれれば今日は終わっちゃっても良かったんだけど、もうちょっとだけ欲張ってみようか。

通常時にMEGAWAYS勝利

すると、通常時にMEGAWAYS勝利がキマって、ピーク付近まで戻す。

こういう噴き上がりも起きるから、ハマってもダレないんだよね。

改めて良いバランスだと納得する次第。

残高$143.91で終了

噛みしめるようにプレイ続行したけれども、運気としてはさすがに限界だったかな。

中途半端なところではあるものの、スタートも中途半端だったし、半端同士をくっつけて今日はここまで。

浮いているうちに気持ち良く終わることも、オンカジライフでは重要な要素の一つだからね。

ペンギンマンとの約束だよ!

今回のプレイ結果

プレイ前残高
$106.83
プレイ後残高
$143.91
収支
+$37.08

ギャンボラを遊ぶなら今!期間限定のボーナスを配布中♪

ギャンボラ