PAGE TOP
HOME プレイ記事 往生ペンギンのオンカジで羽ばたいて 去る者からの形見をふんだくってQUICKSPINに挑んでみたよ
blank

去る者からの形見をふんだくってQUICKSPINに挑んでみたよ

コメント(0)

ボンズカジノへやって来たペンギンはQUICKSPIN魂に火が点き早速プレイしてみることに。

今回遊ぶカジノはこちら!

ボンズカジノ

ボンズカジノ

bons.com/ja

限定$40無料チッププレゼント中!

ガッデム!

ボクの好きな某カジノが11/3でサービスを終了することになってしまった。

残念だけど、その決定は覆らないワケで…

引っ越しする前の荷造りの如く、残高を確認したところ、余裕のゼロ。

悲しいけれど、これで心置きなくサヨナラさ。

…あ、クイックスピンのコインが残っていたじゃない。

GOLDILOCKS

安定感抜群なGOLDILOCKSの$1.25ベットのフリースピンボーナスと交換じゃい。

おら、くそベアーども仕事しとらんかい!!

高額配当23.40

よっしゃよっしゃ!

その調子で頼むでぇ。

50倍超の$67.30

といった感じで至極順調で資金ゼロから 50倍超の$67.30 でフィニッシュ!

まぁ、感謝の気持ちを込め、これを全部溶かすつもりで遊んでいたら$150を超えてしまったので出金したけどね。

ふふふ…申し訳にゃあッス。

でも、もっとQUICKSPINマシンをプレイしたいね。

ボンズカジノ

そんなこんなでQUICKSPIN魂に火が点いたので、今日はQUICKSPIN系の新台に挑むとしよう。

う~ん…何気にQUICKSPINが揃っているボンズカジノにするかな。

QUICKSPINはシェアが意外と低いからね。

EASTERN EMERALDS MEGAWAYS

新台を漁ったらEASTERN EMERALDS MEGAWAYSというのがあったよ。

タイトルそのまんまEASTERN EMERALDSのMEGAWAYS版ということじゃないかな。

QUICKSPINにしては爆発力があったので、そのMEGAWAYSとなるとどうなってしまうのか想像もつかない。

いや、一つだけ間違いないのはボクちゃんの力量ではあっさり死んでしまうってことかな。

ってうるせーよwww。

フェニックスが3つ以上出現でボーナス

フェニックスが3つ以上出現でボーナスというのは前作と同じ。

左から2番目のリールは2倍、3番目は3倍

通常時も、左から2番目のリールは2倍、3番目は3倍というような順にマルチプライヤーが大きくなるWILDが出現するのも一緒のルールみたいだ。

つまり、通常時からWILDだけで最大120倍、そこにメガメガなウェイズが絡むことによって、禍々しいまでのトンデモ配当が飛び出す可能性があるってワケ。

なお、ベット額の90倍を支払えばボーナスをBUYできるぞ。

プラグマなんかと比べると、いつも少しだけ安くて優しいミルキー仕様。

BUY機能だけ

ただ、ミルキーなのはBUY機能だけ。

そんなトンデモ配当が見込めるだけあって、通常時からヒラで当てるにはハードルがめっちゃ高いのは言うまでもなく…

結構気絶モノだったよ。

16倍のプチWIN

動きがあったのは資金の6割が軽く吹き飛んでからなのだった。

しかも、BIGとは名ばかりなたった16倍のプチWINってだけ。

これは死ねる。

このままじゃ干からびて死ねるぞ。

WILDコンボ

そんな命の危険を感じたその瞬間!!

遂に来たぞ、WILDコンボ。

カメカメに×3、×4、×5WILDが重なり(WILDの倍率は加算ではなく乗算ッス)…

つまり、カメの5カードの120WAY分ってことで…。

180倍のEPICWIN

即ちッッッツ!!

180倍の紛うことなきEPICWINがドーンってワケ♪

やっぱこのマシン、頭がおかしいわ。

BUYタイム

ただ、その嬉しさと同時に、このままやっても飲まれるだけだろうなって判断したのでBUYタイムにさせてもらうよ。

4つの中から好きなバランスのものをチョイス

ボーナスが始まると、4つの中から好きなバランスのものをチョイスすることになる。

ここも先代譲りの内容だね。

まずは右の15スピンと多い代わりにWILDのマルチプライヤーが通常時と同じく控えめになっているやつにしてみよう。

左端の6スピンは左2から×5、×6、×7、×8というWILDだけでMAX1680倍が見込めるハイパーマッチョ仕様なので、カニスピ師匠くらい脳のねじが緩んでいる人はガンガン攻めて欲しいッスね。

スピン数アップを賭けたギャンブル

…ってええええええええ!?

MEGAWAYS版では新たにボーナス中の初期スピン数アップを賭けたギャンブルも用意されているのかよ!!

これにはペンギンおじさんもビックリだね。

ボクは一切やらないけど、世界記録を目指す茨の道を突き進むプレイヤーは是非とも挑んでみてね。

責任は一切取りませんッッッッ!!

中配当を決る

さて、プレイの方に話を戻して、ボーナスは多いフリースピン数を活かし、中配当を決めて決めて…。

経費を上回る配当をGET

経費を上回る配当をGET。

少しずつ戻してきている流れだよね。

逆転あるかな?

118倍を記録

続いて、BUYして右から2番目の12スピンバージョンを選ぶと、安いJだけどWAY数と3×6の18倍を活かして、これまたコストを少し超えた118倍を記録。

悪くないけど、もうワンプッシュが欲しい。

この後も調子に乗ってBUYしたところ、

6スピンで終了

一番頑張って欲しかった6スピンではウンコ終了。

肝心の場面でWILDが全く絡まない

9スピンでは肝心の場面でWILDが全く絡まないという不運となってしまう。

ぶっ壊そうとしているペンギン

ここで4・5・6・7倍WILDで840倍を乗せたかった

…無理だけど。

10.73獲得

分かってはいたけど、手数で安定させた方がストレスは少ないね。

BUYは色んな戦略を持てるので、このスロットはよくできていると思う。

ボクからはかなりおススメしておきたいッスね、マジで。

もう少し遊び足りないので、もう一機種行こうかな。

SPINIONS GAME DAY

同じくQUICKSPINのSPINIONS GAME DAYである。

これもまたSPINIONSというヤツの後継機かな。

スティッキーなビーチサイドパーティが懐かしいけど、今度は…サッカーいや、フットサルがステージだい。

2体以上のWILDが出現するとリスピン

1スピンで同時に2体以上のWILD(SPINION)が出現するとリスピンするのは前作同様。

ボールを受け取ったWILDにマルチプライヤーが付与

ただ、前作は出現した位置に貼りついていたけど、今度は動く上にボールを受け取ったWILDにマルチプライヤーが付与される。

WILDが追加されればリスピンが継続

そのリスピンでWILDが追加されればリスピンが継続され、ボールが渡ったところにマルチプライヤーが+1されていく。

続けば続くほどBIG WINのチャンスってことだね。

トロフィーが止まればボーナス

1+3+5リールにトロフィーが止まればボーナスというのも、前作を知っていればすぐに馴染めるね。

って、すぐに当たってびっくりだわよ。

ボーナスは初期スピンが10固定

ボーナスは初期スピンが10固定で、その間はWILDのリセットはナシ。

要は早い段階でWILDが2体以上出現すると、配当が加速しやすいという塩梅だ。

この辺も特に難しいところはないと思うよ。

最近のごちゃごちゃして騙されているような気持ちでプレイし続けないといけないスロットに疲れた人におすすめしたいでござるぞ。

ワーには疑問符がつく

まぁ、遊びやすいだけあってパワーには疑問符がつくけども。

このように如何にもヤレてそうな最終画面でありながら15倍も出てないのはザラだったりする。

このぶんではベット額の60倍で済むBUYも簡単に赤字になってしまいそう。

配当合計7.04

何となく全容は判明しだしてきたものの、総じてマッタリな遊べるタイプという結論を以って今日は終わりでいいかな?

ベット額を倍にしても、ずっとこんな感じで波がペタッとしていたよ。

今回のプレイ結果

プレイ前残高
$110.55
プレイ後残高
$61.05
収支
-$49.50

今日プレイした2つのQUICKSPINマシンは両方とも合格点。

どっちにするかは主にボラティリティとフトコロの厚みで相談して決めればいいと思うけど、前者は平打ちよりもBUY向き、後者はBUYナシの平打ちが良いんじゃないかな。

爆裂報告、お待ちしております♪

ボンズカジノを遊ぶなら今!期間限定のボーナスを配布中♪

ボンズカジノ