佐藤純の賭博回遊業 地獄から天国へ

CWC

佐藤純の賭博回遊業 地獄から天国へ

佐藤純 佐藤純

最近、勝っても直ぐに回収される傾向が続いている。4月収支がマイナス20万円を超え、危険水域に達した為、自主規制として1週間の博打禁止令を発動した。この一週間を使い、反省と今後の対策を練ることにした。資金が無くては再始動も出来やしないので、久々に労働もしてしまった。

博打を打つ時は、心に余裕をもって打つ為に、最低でも1000ドルは資金が必要と考えている。この考えの根拠は簡単なのだが、入金額の5%の金額を1勝負に使うのだ。その場合、1000ドルなら50ドルが一度目に張れる最高金額となるのだ。仮に最初の勝負で勝利した場合、もう一度置き張りをして勝利出来れば、単純に100ドルの勝利金を手に出来る。日本のアングラと言われるカジノでは『ガジリ』と言われて出禁の対象に成りかねない行為のため、街中でやることは出来ないテクニックだ。

オープンゲームでバンカーが勝利して、下にそのまま2目落ち、プレーヤーに変わる。プレーヤーがもう一度来ると考えて、ここで50ドルを置くことにした。予想は的中し、9対8のギリギリの勝負でプレーヤーが勝利。このままプレーヤーに落ちると考えたが、時間切れにてチップを置くことが出来なかった。舌打ちをしながら様子を伺っていたのだが、流れがバンカーに行っている。どうやら時間切れに救われたらしい。

次の勝負では目が横に行くと予想し、プレーヤーに再度50ドルを張る。カードの合計は、プレーヤー「1」、バンカー「0」。またしても辛勝だ。微妙な勝負だったが貴重な勝利だ。今回はプレーヤーに2回しか張ってない為、コミッションは発生していない。丁度100ドルのプラスになったので、ライブバカラから撤収する事にした。

佐藤純

プレーするのはスロットのサファリヒートだ。最低ベット額の0.15ドルで様子を見ていると、いきなり「J」の5カードが出てしまった。幸先の良いスタートで、今回はいけると判断し、ベット額を10倍の1.5ドルに引き上げる。

暫くいいところが無く、残高4ドルに成った所で、ようやくスキャター3枚を引くことに成功した。起死回生のラストチャンスだ。フリーゲームでは良い目が揃わずに、残り3回転まで0ドルという散々なゲームだったが、ここでリトリガーをしたことにより本来の凄さを発揮してくれた。ここからはリトリガー祭りと言っても過言では無いだろう。6回もリトリガーが発動し、最終的に1300ドルの高額配当を手にすることが出来た。ノーボーナスで入金しているので、欲を出さずにこれで終了することに。

まだまだ先月の敗北分には手が届かないが、半分は回収できたので良しとしよう。

この物語はフィクションです。あくまでも「読み物」としてお楽しみいただくためのものであり、インカジ(カジノカフェ)を奨励するものではありません。ネットカフェでのインカジ利用では摘発者が頻発しています。

blank

関連タグ

この記事を書いた人

佐藤純
佐藤純
そこらへんに居る普通のオヤジです。若い頃は、結構女性にも男性にもモテました。 (ゲイビデオのスカウトもされましたが、喫茶店に連れていかれて、飲み食いタダでさせて貰い、逃げました。)今では見向きもされない存在に成り下がりました。

このユーザーが書いた記事を見る >

プレイヤーの口コミ・評価