PAGE TOP
HOME シックボー(大小、Sic-Bo)のルールと賭け方、攻略方法を解説

シックボー(大小、Sic-Bo)のルールと賭け方、攻略方法を解説

blank

シックボー(Sic-Bo)は、3つのサイコロを使って出目を当てるゲームです。「タイサイ」「大小」とも呼ばれ、シンプルなゲーム性ながら数百倍の配当を獲得できる一攫千金性や様々な賭け方ができる奥深さが受け主にアジア圏を中心としたカジノで人気を集めています。

このページでは、シックボーのルールと賭け方、そしてシックボーで使える攻略法について解説します。また初心者におすすめの賭け方などについても解説しているので、初めてシックボーをプレイする方でも気軽に楽しめます!

この記事のまとめ

シックボーは3つのダイスの出目を予想するゲーム

「大・小」「奇数・偶数」などの2倍配当であればマネーシステムが使える

「Evolution(エボリューション)」を導入しているカジノで遊べる

blank

この記事はおよそ 10分 で読むことができます。時間がない方は目次を活用しましょう

シックボー(大小)のとは

「シックボー」とは、「タイサイ」や「大小」とも呼ばれる3つのサイコロを使ったゲームです。日本では2つのサイコロを使う丁半博打が有名ですが、それをイメージしてもらうと分かりやすいです。

最初にプレイヤーが3つのサイコロの出目を予測してベットを行います。例えば「目の合計が11以上(大)」「目の合計が偶数」「1個でも1が出る」「3個がゾロ目になる」などの賭け方があり、それぞれ出現確率によって配当が異なります。

ベットが締め切られると、ディーラーが抽選機のスイッチを押し、サイコロが回転します。サイコロはディーラーからは触ることができないので、時代劇の丁半博打のようにイカサマが行われる心配はありません。サイコロが転がり、出た目に応じて配当を獲得できます。

カードゲームのように前のゲーム結果によって次のゲームが予測できるものではない「独立事象」なので、出目は完全に「運」によって決まると言えるでしょう。初心者からベテランの方まで同じように楽しめるダイスゲームとなっています。

シックボーの歴史

シックボーの起源は明らかになっていません。なぜならサイコロがあれば簡単に遊べる賭博であるシックボーは、カードゲームやルーレットなどより非常に長い歴史を持つであろうと考えられるからです。古代中国の王朝である「殷」「周」もしくは春秋戦国時代に、貝殻や石に刻印を施した道具をサイコロとして用いたのが起源ではないかと言われており、少なくとも2000年以上の歴史を誇るのは間違いないと言われています。

20世紀初頭に中国の移民がアメリカにシックボーを持ち込み、以降世界中で広く遊ばれるようになりました。2002年にはイギリスで合法的にプレイできるようになり、現在ではマカオなどアジア圏のカジノでも親しまれています。

シックボーの基本的なルール

シックボーの基本的なルール

シックボーの基本的なルールは、「3個のサイコロの出目を予測する」という非常にシンプルなものとなっています。

出目を予測する…といってもその方法は非常に多く、「目の合計が10以下なら成功」「目の合計がピッタリ12なら成功」「1のゾロ目が出れば成功」など様々な賭け方が存在します。成功する可能性が低ければ低いほど配当は大きくなり、例えば「目の合計が10以下(小)」に賭けて成功すれば2倍の配当を獲得できますが、「1のゾロ目」に賭けて成功すれば181倍の配当を獲得できます。

元々シックボーは一攫千金の可能性が高い分テーブルゲームとしては還元率が低いのですが、現在は確率で配当がアップする「スーパーシックボー」というゲームが人気を博しており、還元率もある程度高めに管理されています。

Evolution社の「スーパーシックボー」の還元率(RTP)は95.02%~97.22%

シックボーのゲームの流れ

続いて、シックボーのゲームの流れについて解説します。エボリューションライブの『スーパーシックボー』の画像を使って解説をするので、本来「2」にあたる項目はシックボーにはありません。

しかし、一般的なシックボーと比べて還元率がかなり高く、現在シックボーを遊ぶほとんどのプレイヤーがスーパーシックボーを利用しているので、そちらを解説します。

STEP1

ベットエリアに賭ける

サイコロの出目を予測しベットを行います。大・小、奇数・偶数、ダブル、トリプルなど様々な賭け方があり、可能性が低いほど成功時高配当を獲得できます。

ベットエリアに賭ける

STEP2

エリアの倍率が決定される

スーパーシックボーでは、サイコロを振る前に倍率アップの抽選が行われます。抽選に当たったエリアでは、当選時の配当が普段より高くなります! 例えば普段150倍の「1のゾロ目」が倍率アップ時に1000倍になるといった形です。本来のトリプルの還元率は約70%ですが、倍率アップ抽選によって約95%まで還元率が上がっています。

エリアの倍率が決定される

STEP3

サイコロを振る

ディーラーが抽選機のスイッチを入れ、サイコロが転がります。この時ディーラーはサイコロを直接触ることができず、不正が起こり得ないような仕組みになっています。

サイコロを振る

STEP4

ベットエリアに応じて配当が支払われる

サイコロが完全に止まった所で抽選が確定します。自分の予想が出目と同じだった場合、そのエリアの倍率に応じて配当が支払われます。

ベットエリアに応じて配当が支払われる

シックボーの賭け方

シックボーの賭け方

続いて、シックボーの賭け方について解説します。最もポピュラーな賭け方は「大/小」で、サイコロの出目の合計が大きいか小さいかを予測する賭け方です。

正解時に2倍の配当を獲得できることから、初心者から攻略法を使うベテランの方まで愛される賭け方となっています。一攫千金を狙う方は、「トリプル」や「トータル」の倍率が高いエリアに賭けると良いでしょう。

大・小(BIG or SMALL)

大・小(BIG or SMALL)

「大」・「小」は、3個のサイコロの出目を合計した数字が、「11」以上なら大、「10」以下なら小と予想する賭け方です。

例.サイコロが「4」「3」「5」と出た場合…合計「12」なので「大」が正解

ただし、全て同じ目が出てしまった場合(エニートリプル)、大/小関係なく負けとなります。

例.サイコロが「2」「2」「2」と出た場合…合計は「6」だがトリプルなので大も小も負け

大も小も確率は同じです。

奇数・偶数(EVEN or ODD)

奇数・偶数(EVEN or ODD)

「奇数」・「偶数」は、3個のサイコロの出目を合計した数字が奇数か偶数かを予想する賭け方です。

例.サイコロが「4」「3」「5」と出た場合…合計「12」なので「偶数」が正解

ただし、全て同じ目が出てしまった場合(エニートリプル)、大/小関係なく負けとなります。

例.サイコロが「2」「2」「2」と出た場合…合計は「6」だがトリプルなので奇数も偶数も負け

奇数も偶数も確率は同じです。

シングルナンバー

シングルナンバー

「シングルナンバー」は、指定した出目が3個のサイコロの中で1個でも出現すれば勝ちとなる賭け方です。

1個でも勝ちですが、2個、3個と出目が重なるごとに配当が上がります。

ペア

ペア

「ペア(コンビネーション)」は、異なる2つの数字を指定し、3個のサイコロの中で指定した2個の出目が出現すれば勝ちとなる賭け方です。

例A.「1」「2」を指定し「1」「2」「2」が出現…1,2両方を満たしているので成功

例B.「1」「2」を指定し「1」「1」「6」が出現…2を満たしていないので失敗

ダブル

ダブル

「ダブル」は、1つの数字を指定し、3個のサイコロの中で2個以上その数字が出現すれば成功となる賭け方です。もちろん3個出現してもOKです。

トリプル

トリプル

「トリプル」は、1つの数字を指定し、3個のサイコロ全てがその数字になる(ゾロ目)と成功となる賭け方です。

エニートリプル

エニートリプル

「エニートリプル」は、どの数字(1〜6)でも良いので、3個のサイコロ全てが同じ数字になれば成功となる賭け方です。

トータル

トータル

「トータル」は、3個のサイコロの出目を合計した数字を正確に予想する賭け方です。

例.「トータル12」に賭けた場合…「2」「4」「6」でも「3」「4」「5」でも「1」「5」「6」でもOK

トータルの数字が真ん中より離れる(小さくなる・大きくなる)ほど難易度が高くなるため、それに伴い配当も大きくなります。

シックボーの配当一覧

一般的に使われているシックボーの配当は以下の通りです。基本的には配当が低いほど還元率は高く設定されています。また、これはマカオ式の配当であり、イギリス式の配当とは異なります。

賭け方 詳細 配当
大・小 大「11~17」or小「4~10」 2倍
奇数・偶数 2倍
トータル 4 or 7 51倍
5 or 16 21倍
6 or 15 16倍
7 or 14 13倍
8 or 13 9倍
9 or 12 7倍
10 or 11 7倍
シングル 3つのサイコロのいずれか1つ×1 2倍
3つのサイコロのいずれか1つ×2 3倍
3つのサイコロのいずれか1つ×3 4倍
ダブル 3つのサイコロのうち2つ 9倍
トリプル 3つのサイコロ全てで指定したゾロ目 151倍
エニートリプル 3つのサイコロいずれかでゾロ目 31倍
ペア 出目の組み合わせ 6倍

テーブルゲームの中には実際にこの配当で運用されているものも多く見かけますが、トリプルの還元率が「69%」に設定されているなどかなり厳しめな印象を受けます(大/小や奇数/偶数を遊ぶ分には問題ありません)。

『スーパーシックボー』など、倍率が上がることが織り込み済みの場合はどのエリアにベットしても95%以上の還元率で遊べます。そうでない場合は、大/小か奇数/偶数のみに賭けることにすると良いでしょう。

シックボーで使えるおすすめの攻略法

シックボーで最もポピュラーな賭け方である「大/小」、もしくは「奇数/偶数」は、勝率が約1/2で勝利すると2倍の配当を獲得できることから、攻略法が使いやすいテーブルゲームとなっています。

そこで次の項目では、シックボーで特に利用されているマネーシステムについて解説します。還元率自体はどの賭け方も変わりませんので、プレイスタイルに応じて攻略法を選んでください。

関連記事
blank

ベッティングシステム・カジノ攻略法の基本的な賭け方を解説

カジノでは一定の規則に従って賭け方を調整して、最終的にプラス収支を目指す「ベッティングシステム(もしくはマネーシステム)…

マーチンゲール法

「マーチンゲール法」は、マネーシステムの中で最も有名な攻略法です。使い方は非常にシンプルで、「負けた時に賭け金を2倍にして、勝ったら元に戻す」だけ! 非常に手軽にできるマネーシステムですが、「1回勝利すれば必ずプラスになる」ことから1回あたりの勝率は圧倒的に高く人気の攻略法となっています。

ただし、「1回あたりの配当は最初のベット額と同じ」「連敗が続くと大きな損失を出してしまう」というデメリットもあるので、目標金額を決めて使うのが良いでしょう。いつかは大きな連敗を抱えてしまう時が来るので、それまでに利確することが大事です。

パーレー法

「パーレー法」は逆マーチンゲール法という別名がある通り、マーチンゲール法と逆の手順を行う攻略法です。つまり、「勝った時に賭け金を2倍にして、負けたら元に戻す」マネーシステムを利用します。

この攻略法では、どれだけ連勝しても次負けてしまうと必ずマイナスになってしまうため、1回あたりの勝率はかなり低いです。その分連勝を決めて利確した時の配当は圧倒的! また、どれだけ連敗しても最初の賭け金分しかマイナスにならないので、勝率が低い分1回あたりのリスクが抑えられており、圧倒的なリターンを獲得できる攻略法となっています。

ウィナーズ法

「ウィナーズ法(ウィナーズ投資法)」は数列を使ってベット額を上下させ勝利を目指す攻略法です。数列を利用する攻略法である「モンテカルロ法」に似ているのでモンテカルロ法を知っているほうが理解しやすいですが、知らなくても利用できます。

最初に「1,1」と数列を書き、ベット額は「数列の一番左」の2倍をベットします。勝ったら左側の数列を消し、負けたら数列の右端にその時のベット額を記入します。これを繰り返し、数列が無くなればウィナーズ法は成功となります。

連敗してもリスクが最小限に抑えられ、勝率が5割を超えていればまず負けない攻略法ですが、連勝した後の連敗や勝ち負けが交互に続いた場合は賭け金が膨れていくので、数列が大きく伸びた場合は損切りを視野に入れて利用しましょう。

シックボーを提供しているゲーミング会社

シックボーはアジア圏を中心に全世界で人気のあるテーブルゲームなので、ライブゲーム・ソフトゲーム(コンピュータが抽選するテーブルゲーム)のいずれでも利用できます。続いて、シックボーをプレイできる代表的なプロバイダー(ゲーム会社)について解説します。

Evolution(エボリューション)

Evolution(エボリューション)

Evolution(エボリューション社)はライブゲームの最大手となっているプロバイダーで、エボリューションを導入していないオンラインカジノの方が珍しいゲーム会社となっています。

エボリューションのシックボーはいくつか種類がありますが、特に『スーパーシックボー』などのように「基本配当を少なくして、その分確率で各エリアの配当を大きくする」タイプのシックボーが人気を集めています。また、シックボーの「トータル」だけにベットできる『ライトニングダイス』は最大で1,000倍の配当を手にすることができ、高配当エリアの不公平感(倍率が高いほど還元率が下がる不満)が抑えられています。

Playtech(プレイテック)

Playtech(プレイテック)

Playtech(プレイテック)社のSic-Bo Deluxe(シックボー・デラックス)はEvolutionの「スーパーシックボー」とほぼ同じゲーム性です。

サイコロがシャッフルされると同意に、ランダムで配当がアップするラッキーエリアが選ばれます。配当151倍の「トリプル」がラッキーエリアに選ばれると、最大で1,000倍の配当を手にすることができます。

大(ビッグ)・小(スモール)は頻繁に出現するのでラッキーエリアに選ばれることはありません。

ONE TOUCH(ワンタッチ)

ONE TOUCH(ワンタッチ)

One Touch(ワンタッチ社)が提供するシックボーもソフトのテーブルゲームです。

ワンタッチ社のシックボーはマニラオッズを採用しており、高配当エリアの倍率は不利となっています。またエボリューション社のように特定の状況で倍率が跳ね上がる訳ではないので、「トリプル」や「トータル」など還元率の低い場所に賭けるのはやめた方が良いでしょう。

しかし大/小や奇数/偶数など、2倍の配当が狙えるエリアの還元率は他のゲームと変わりません! 「まずシックボーを試してみたい」「攻略法を使いたいから大小しか使わない」という方は、ぜひワンタッチ社のゲームをプレイしてみてください。

シックボーが遊べるオンラインカジノ

シックボーをプレイできるカジノは多いですが、その中でも特に「エルドアカジノ」が大変おすすめです。

エルドアカジノは「エボリューションライブ」「プラグマティックプレイライブ」「セクシーゲーミング」など15社のライブ会社と提携しており、圧倒的な総数のライブゲームを楽しむことができます!

さらに、すべてのゲームで最大0.8%の賭け金が戻ってくる「ローリングチップ」や、最大50万円の損失額が戻ってくる「キャッシュバック」などライブゲーム派に嬉しいプロモが満載。シックボーを遊びたいプレイヤーの方は、ぜひエルドアカジノでプレイされるのが断然オススメです!

エルドアカジノのボーナス

ライブゲームをプレイするなら絶対にエルドアカジノがおすすめです。様々なゲーミング会社と契約を結んでおり、ライブゲームだけでも相当数が用意されています。登録するだけで4,000円の無料ボーナス、さらに入金ボーナスとして50,000円のキャッシュバックも受け取れる超豪華なプロモーションも展開しています。

まとめ

シックボーは3個のサイコロを使ってプレイするテーブルゲームで、サイコロの出目を予測してベットエリアに賭けます。「出目の合計が11以上」「サイコロのうち1個は1が出る」「3個すべて6が出る」といった様々な賭け方ができ、難易度が高い賭けに勝つと超高配当を獲得することができます!

最もポピュラーな賭け方である「大/小」は成功すると2倍の配当を獲得できるので、マネーシステムを使って攻略するのもオススメ。

最近では特定の条件で配当が跳ね上がる『スーパーシックボー』などのライブゲームも人気を集めています。2000年以上の歴史を持ちながら今なお進化を続けるシックボー。挑戦しがいのあるダイスゲームです。